2018年11月20日 (火)

赤い実2 (∩_∩) 2018/11/20

赤い実と言えば
 
街路樹のクロガネモチ しかし、本当に真っ赤だね
20181114
 
シロダモ 花と実が同時期に見られる変な奴
20181114_2
黄色いのは花
 
南天
20181115
 
お袋は夕飯が終わったところでフラフラ歩き出す。
危ないので何時でも支えられるように直ぐ後ろをついて行く。
外に出てゆくのかと思ったら自分の部屋に入ってベッドへ
横になるから布団を掛けた。
車椅子を取りに行って戻ってきたら既に眠っていた。
その間数秒。
眠そうな素振りも無かったのだが。
(* ̄∇ ̄*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月19日 (月)

赤い実 (∩_∩) 2018/11/19

11月も後半に入って来たが赤い実が目立つ。
 
藪の中に見えるのは・・・・
サルトリイバラの赤い実 6~7mm
 
201811151
 
201811152
 
雌雄異株でルリタテハの食草。
(ルリタテハはホトトギスも齧っているらしい)
 
今日は大変だった。
昨日デイサービスの方で褥瘡に貼ったフィルムを剥がして洗っていなかったので夕方剥がそうとしても一旦濡れて乾くとなかなか剥がせないので諦めて訪問看護師さんにお願いした。濡らしながら剥がして何とか皮膚を傷つけずに済んだ。
そして、浣腸排便もさせてくれて助かった。
それが終わると外科へ出かけて褥瘡の診察。
更に2週間訪問看護師の集中管理をお願いすることに。
医者は褥瘡のホールに耳かきみたいなのを突っ込んでグリグリ
お袋の「痛いっ」という声は聞こえないらしい。(/||| ̄▽)/
血だらけになったところにガーゼを当てて一丁上がり。
(/||| ̄▽)/ 外科医恐るべし。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年11月18日 (日)

カントウヨメナ2 (∩_∩) 2018/11/18

前回出してから約1が月経っているのに・・・・・
まだシブトク、カントウヨメナが咲いている。
 
201811143
 
流石にそろそろ終わりのゴングが鳴りそうだ。
 
201811141
 
谷戸の片隅なので昼でもチョット日蔭は暗い
 
201811142
PLフィルターでも使わないと葉の表面の色が変。
 
イヤー参ったな。
お袋の褥瘡の表面に貼ったフィルムを剥がそうとしたらシッカリとくっ付いて取れない。
無理に剥がすと多分皮膚も傷つける。
仕方ないので今晩はそのままにして明日の朝訪問看護が来るからそのまま寝かせよう。
明日は排便もさせないといけないし朝から大変だ。
終わったらすぐに褥瘡を診て貰いに外科にも行かねば。
 ̄Д ̄ =3 ハァーー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月17日 (土)

霜月(11月)の虫たち (◎-◎;) 2018/11/17

fieldに出るとまだ頑張っている昆虫たちに出会う。
 
天狗蝶(てんぐちょう)成虫越冬
20181031
 
赤トンボ系 (私には何トンボか判らん)
20181114
 
ベニシジミ 幼虫越冬
On20181114
 
最近気になっているのが・・・・・
コバエは何故濡れた手で叩くと簡単に潰せるのか?
乾いた出て叩くとスルッと逃げるのに手を濡らして叩くと呆気なく・・・・・
濡れた手だと気流が何か影響するのだろうか。
大リーグボール3号潰し
(^^;★\(-.-;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年11月16日 (金)

カナムグラ ψ(`∇´)ψ 2018/11/16

カナムグラが葛と争うようにアチラコチラに繁茂している。
 
201811141
雌花 受粉すると赤くなってくる。
ホップの仲間?
201811141_2
一部拡大
 
201811142
雄花 風媒花・・・秋の花粉症の代表的容疑者
 
201811143
雄花は分枝してこんな風に・・・・・
201811143_2
一部拡大 
 
風邪がぶり返してきたかな~~~喉が・・・・・
お袋も「喉が痛い」と言っていたな~~~うつしたか。
 ̄Д ̄ =3 ハァーー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月15日 (木)

リンドウ2 (-◎_◎-) 2018/11/15

気分転換に鎌倉の寺のリンドウを見に出かけた。
 
入り口を入ってすぐの土手にあるのだが・・・・・
昨年と違って雑草のように蔓延っていてチョット下品。
仕方ないので下手は下手なりに上手く切り取って
201811151
 
201811152
 
201811153
 
最後の画像が1m×2mの範囲に広がっている状態は・・・
多すぎる。
もうちょっと間引いて美しく見せればいいのに。
 
お袋の褥瘡は看護師の目では大分小さくなったらしい。
σ(-_-;)は毎日見ているので感覚がおかしくなっているので
変わってないように見える。
 
σ(-_-;)の咳は収まって来たのに何だか熱っぽく喉がヒリつく。
熱を測ると高いどころか36.0と低い。
これはもう少し掛かりそうだ。
(o_ _)o ~~~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年11月14日 (水)

ツルウメモドキ (* ̄∇ ̄*) 2018/11/14

ツルウメモドキが随分と長い間ぶら下っている。
 
201811141
 
201811142
 
201811143
 
今日は天気が良かったが空気が乾いていて喉に悪い感じ。
 
お袋の褥瘡は少しずつ小さくなってきている。
しかし、出来た時の何倍もの時間が掛かる。
今日も小さな褥瘡の所はガーゼをビニールテープで留めて出来上がり。
((((((((^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年11月13日 (火)

ヒイラギの花 (∩_∩)

ここ数年、11月を廻ると現れるヒイラギの花。
 
201811121
 
201811122pg
 
201811123
マイナス補正しても白が色飛びしたのでソフトでγー補正。
 
昨日貰ってきた薬で夜中の咳が少し改善された。
しかし胸の奥に「咳出ますよ」という感触が相変わらず。
 
訪問看護師とお袋のように皮膚が弱い人の絆創膏について話をしたら・・・・
何と (/||| ̄▽)/ ビックリ
電気工事用のカラーの絶縁用ビニールテープが実は被れにくいと
色々な患者の中には絆創膏で被れやすい人が結構いるそうで
色々試しても駄目な人には工事用ビニールテープを使用しているそうだ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2018年11月12日 (月)

セイタカアワダチソウ (-◎_◎-) 2018/11/12

アパートの前の空き地にセイタカアワダチソウが咲いている。
 
201811071
 
201811072
外来種には違いないが長年秋の花粉症の原因という濡れ衣を着せられてきたので印象が極めて悪い。
こうして写真だけ見るとアキノキリンソウの仲間として結構いい顔をしている。
花粉症と関係ないというのは花を観察していると小さな虫が結構寄ってくるので判る。
σ(-_-;)も昔説明されて納得してしまった。
つまり、この花は虫媒花なので花粉を飛ばさないのだ。
花粉症の原因になるのは風媒花。
花粉が飛ばなければ吸いこんで花粉症を発症するはずもない。
 
で、σ(-_-;)の喘息は少々悪くなってきた。
昨晩は咳が出っ放しで・・・・良くお袋が起き出さなかったと感心する。
今日は近所のクリニックで診察して薬を貰ってきたが問題は受診時にお袋を如何するか。
で、車で行ってお袋を乗せたまま順番が来たら教えてもらえるように話をして車に戻る。
呼びに来たので「チョット5~10分待っててね」と言い聞かせて受診。
忙しい~~~~~
とにかく薬を一部変更してもらって様子を見ることに。
(/||| ̄▽)/ ゲホゲホッ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年11月11日 (日)

リュウノウギク (-◎_◎-) 2018/11/11

初めて出会ったのは箱根の土手というか壁面だったと思う。
数年後に横浜と鎌倉の境のやはり崖に咲いていた。
そして今はテニスコート脇の崖に咲いている。
崖のような環境が好きなんだろうな。
 
龍脳菊
201811111
2階の窓くらいの高さに咲いているので梯子でも無いと近づけない。
 
201811112
下から三脚無しの手持ちのカメラで撮影
 
201811113
近づけないので香りは嗅いでいないが特徴的な葉の形から
リュウノウギクではないかと思う。
 
σ(-_-;)の風邪はやはり何時ものように喘息に移行した。
出だすと咳が止まらなくなる。
明日また病院に行ってくるか。
でも明日はお袋の為にデイサービスの休みを変更したんだったな。
1週間分の薬を貰ったが今日で無くなったのでお袋を連れてでも行かないと苦しいな。
*o_ _)oバタッ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

«赤 (/||| ̄▽)/  2018/11/10