« ウメバチソウ(箱根) | トップページ | ノブドウの実 »

2006年10月27日 (金)

マツムシソウ(箱根)

箱根のマツムシソウは志賀高原などより一回り小さいようです。

Photo_65 周りには花の終わったものも、これからの蕾もまだまだありました。

ヽ(^o^)ノ花は綺麗じゃ。

|

« ウメバチソウ(箱根) | トップページ | ノブドウの実 »

コメント

マツムシソウ綺麗ですね。箱根のマツムシソウは難しいようです。一般に海岸性の品種と言われているソナレマツムシソウもあって、このソナレマツムシソウも遺伝子レベルでも品種でなく変種に分類した方が良いとの研究発表がありました。

投稿: クスクス | 2006年10月27日 (金) 10時24分

こんにちは絵師です。お疲れ様でした。

>ヽ(^o^)ノ花は綺麗じゃ。

淡紫のノギクもナギナタコウジュもアカマンマもセンニンソウも、近所の花よりずっと活き活きしている。リンドウの花も濃い青紫で、山の花は美しい。
朝晩は、霜が降りる中で咲いているからでしょうか。

草刈り後に出てきた花で、ウメバチソウもマツムシソウもリンドウもほとんどチビ太でした。もうじき冬だ、すべてのエネルギーを注ぎ込んで急いで花を咲かせよう。というチビッコのたくましさを感じます。

投稿: 絵師 | 2006年10月27日 (金) 10時36分

絵師さん 今日は、
<草刈り後に出てきた花で・・・・・
それで分りました。茎が短く葉まで写っているのが。ウメバチソウを葉と一緒にとるのは難しいことです。

投稿: アクシバ | 2006年10月27日 (金) 12時01分

☆クスクスさん☆
ソナレマツムシソウはいつだったか場所を教わって出かけていきました。見つけたのは5mほどの崖というか土手の上。
登って観察撮影し始めたら周りをブンブン虫が飛ぶ。
直ぐ近所にアシナガバチの巣が(>__<)危なかったーーー

☆絵師さん☆
お疲れ様でした。m(_ _)m
山の花でも種を採取してきて平地で咲かせると色が悪いのは何故でしょうかね。温度や湿度の差が少ないと色が悪いのでしょうかね。
ストレスも、ある程度必要なのかもしれませんね。

☆アクシバさん☆
箱根は丁度、軽井沢のように人の手が入っていて、やっと花が生き延びているところが多く、リンドウもヤマラッキョウも草刈があり過ぎても無さ過ぎても駄目なようです。
このウメバチソウはかなり程度の良いものでした。
道路脇に幾らも有るのにまず目を止める人はいないようです。
(^◇^;)

投稿: アライグマ | 2006年10月27日 (金) 15時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188747/12446276

この記事へのトラックバック一覧です: マツムシソウ(箱根):

« ウメバチソウ(箱根) | トップページ | ノブドウの実 »