« ノブドウの実 | トップページ | リンドウ(箱根) »

2006年10月28日 (土)

リュウノウギク?(箱根)

箱根は白と紫の菊が合計3種類ほど目立ちました。

Photo_67 その一つがこれで多分リュウノウギクだと思います。

葉の形と花弁の幅広かげんで判断しただけです。

香りはかいだけど元のリュウノウギクの臭いを知りませんので

ヘ(^◇^;ヘ)(ノ;^◇^)ノ判らん。

|

« ノブドウの実 | トップページ | リンドウ(箱根) »

コメント

「リュウノウ」はボルネオールですね。
これはカンファー(樟脳)類似の物質で、こっちは貼り薬等のスースーする成分です。
一方ボルネオールは、書道の墨に配合されている香成分で、「墨の匂い」と考えていいでしょう。
竜脳樹から採った天然竜脳は、楊貴妃の時代は国宝級の価値があったようです。

投稿: 玄珠 | 2006年10月29日 (日) 09時55分

☆玄珠さん☆
樟脳も最近はあまり使っていない気がしますね。
色々な防虫剤がありますから樟脳の臭いと言われてもσ(^_^)は
ヘ(^◇^;ヘ)(ノ;^◇^)ノの状態なんです。
竜脳樹と言うのは凄い名前だな。
ひと稼ぎできたんだろうな....(((((^^;

投稿: アライグマ | 2006年10月29日 (日) 11時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188747/12457330

この記事へのトラックバック一覧です: リュウノウギク?(箱根):

« ノブドウの実 | トップページ | リンドウ(箱根) »