« アウトブレイク | トップページ | スズメバチの巣 »

2007年1月24日 (水)

梟のナプキン

今日は叔父の葬儀で長野まで出かけた。

その葬儀の会食で出会ったナプキンです。

Photo_141 *

*

*

*

*

*

*

2_18

*

*

*

*

*

*

*

*

叔父は90歳と10ヶ月まで現役の内科医だった。

叔父で無ければという患者が沢山居たそうだ。

自分が末期癌だとわかったとき勤務している病院に電話をし自分の患者の事を指示していたそうだ。病院の若い院長が泣きながら話していた。

癌と判ってから17日間で旅立ってしまった。(TヘT;)

|

« アウトブレイク | トップページ | スズメバチの巣 »

コメント

叔父様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

せんじつテレビで、耳鼻科のお医者様が やはり癌で20年間。
末期癌といいながら、未だに現役で活躍しておいででした。
叔父様といい、そのお医者様といい
 これぞ正しく お医者様!!!  
頭が下がります。

投稿: もこまま | 2007年1月25日 (木) 08時13分

叔父様のご冥福をお祈りします

お医者さんは、自分で先が読めるのでしょうか?

投稿: クスクス | 2007年1月25日 (木) 09時36分

☆もこままさん☆
この患者はこの病院に紹介しろ。
この患者は病院で面倒見てやってくれと・・・

投稿: アライグマ | 2007年1月25日 (木) 15時44分

☆クスクスさん☆
叔父は自分のCT画像を見て話を聞いていたそうです。
肺からすい臓に広範囲に転移していて放射線も位置を定められない。
ということでホスピスに移り3~4日後に亡くなったということです。
90歳で学会にもキチット出て勉強をしていたそうです。
そういえば昔長野へ泊まりに行ったとき夜中に電話があり「今から患者が来るから、そこに布団を敷け」と。
直ぐに患者がやってきて診ていました。
こんな叔父なので財産も余り残さず普通のサラリーマンが建てる家、程度でした。

投稿: アライグマ | 2007年1月25日 (木) 15時53分

叔父様のご冥福をお祈りいたします。

できることなら、アライグマさんの叔父様のような終わり方をしたいです。


投稿: waiwai | 2007年1月26日 (金) 20時45分

☆waiwaiさん☆
叔父も90歳になっても医者でも、やはり死は怖かったと思います。
σ(^_^)も声帯脇に腫瘍が有ると言われた時は怖かったです。
「良性か悪性かわからないけど、少なくともポリープというレベルの形ではないので直ぐに切らないと手遅れになる可能性があるよ」と簡単に言われました。( ̄д ̄)ノ怖かった。
叔父はそんな中で患者や家族のことを心配していたんですね。
(´o`)ハア~~

私は取り合えず生きることにします。((((((((^^;

投稿: アライグマ | 2007年1月26日 (金) 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188747/13646290

この記事へのトラックバック一覧です: 梟のナプキン:

« アウトブレイク | トップページ | スズメバチの巣 »