« ミヤマカラスアゲハ | トップページ | ヒメフウロ »

2007年4月 2日 (月)

ハコベとオランダミミナグサ

ちょうど良い画像が取れました。

まずはハコベ

Photo_200

ハコベの花は花弁が一見10枚あるように見えますが隣合う2枚が基部で繋がっていて実は1枚の花弁なので実際には5枚の花弁です。

また、萼片が花弁より外まで伸びています。これも特徴です。萼片が花弁より短く花弁に隠れるようになっているとノミノフスマという奴になります。

さらに、めしべの先端が3つに分かれています。これが5つに分かれるとウシハコベという外来種になります。これはでかいです。

次にオランダミミナグサ

Photo_201

普段余り花を開かない奴ですが開くとこんな感じです。

花弁の先端は「少し切れ込みがある」程度です。

大きな特徴は全体の毛。葉から茎まで全体に毛だらけです。

σ(^_^)の家の周りはこいつがいっぱいです。

(^^ゞ

参考:ノミノフスマ ウシハコベ

|

« ミヤマカラスアゲハ | トップページ | ヒメフウロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188747/14495579

この記事へのトラックバック一覧です: ハコベとオランダミミナグサ:

« ミヤマカラスアゲハ | トップページ | ヒメフウロ »