« 花はなぜ咲くのか(怪しい本) | トップページ | 頭の中で »

2007年12月17日 (月)

Science Window 12月号

時々紹介している 科学技術振興機構 の出している冊子の12月号のPDF版が出ています。

Science Window

今回の特集は「磁石の星に生きる」だそうです。

|

« 花はなぜ咲くのか(怪しい本) | トップページ | 頭の中で »

コメント

アライグマさん おはようございます
まもなく、1月号もでると思います。「時」が特集で、表紙が年輪です。
江戸時代の時刻についても書かれています。この時代は、時刻の刻みが等間隔でなかったそうです。
昼間は、卯から始まり酉で終わる。
 「かわたれ」~「たそがれ」までを6等分して昼、残りを6等分して夜ということのようです。今のように何時でも明るいと、時の刻みがなくなってしまう。
 CO2の削減を呼びかけえながら、公共機関すらライトアップしているし、イルミネーションで街中は何時も昼間で、現代人は、「一時」が、2時間でなく、4時間の世界で生活し無ければならない。ア~しんど

投稿: クスクス | 2007年12月17日 (月) 06時41分

☆クスクスさん☆
江戸時代は刻もゆっくり流れていたのでしょうね。
(´o`)ハア~~
子供のときはσ(^_^)の時刻もゆっくり流れていた。
(TヘT;)

投稿: アライグマ | 2007年12月17日 (月) 08時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188747/17389633

この記事へのトラックバック一覧です: Science Window 12月号:

« 花はなぜ咲くのか(怪しい本) | トップページ | 頭の中で »