« フデリンドウ (*^.^*) 2012/04/12-1 | トップページ | タチイヌノフグリ ヘ(‥ヘ ) 2012/04/13-1 »

2012年4月12日 (木)

アツバ?有明? (・・?) 2012/04/12-2

えーーー本日二つ目の書き込み。

漁師町で何時も気になるスミレの葉を

201204123

明らかに普通のスミレの葉よりクチクラ層が厚くテカリがあり

葉柄に翼があります。

全体像がこんな感じ

201204121

アツバスミレか?

でも、下向きの花しか撮れなかったが

何故かアリアケスミレのように白い。

201204122

海岸性のアリアケスミレ???

|

« フデリンドウ (*^.^*) 2012/04/12-1 | トップページ | タチイヌノフグリ ヘ(‥ヘ ) 2012/04/13-1 »

コメント

植物学的にはノーコメントですが、
見たとこメッチャ養分が行き渡ってると見えます。
日当たりよく育った田舎のホウレン草を連想しましたヽ(´▽`)/

投稿: リサ・ママ | 2012年4月12日 (木) 16時28分

家の方で咲いているのは、てかてか葉だけど花は紫ですよ。
白は初めて見た。

投稿: 猫屋敷 | 2012年4月12日 (木) 17時20分

育ちの良いホウレン草のようで、おいしそう、
てかてか葉・・・とか、スミレも いろいろ褒めてもらえて楽しいですね。

アライグマさんは、珍しいのを見つけてくれるので楽しみです。
三浦半島で、「イソスミレ」は無理でしょうね・・・

投稿: sea | 2012年4月12日 (木) 19時39分

☆リサ・ママさん☆
これほど艶がなければホウレン草みたいだけどね。
ちなみにスミレサイシンの根っこを摩り下ろして料理をして食べて「美味くない」とコメントした御馬鹿な番組を昔見たことがある。
(ーー;)ふざけるなよーーー

投稿: アライグマ | 2012年4月12日 (木) 20時02分

☆猫屋敷さん☆
やはりアリアケスミレはこんなにテカテカして分厚い葉はしていないなーーー
撮影後に車を走らせ始めた時に横目に一本立ち上がった株が見えた。お袋を乗せていて、いまさら戻れないので諦めたがあれは白い「スミレ」のようにも見えた。
(ーー;)勿体無い事をした

投稿: アライグマ | 2012年4月12日 (木) 20時05分

☆seaさん☆
イソスミレって別名セナミスミレですね。
昔、瀬波海岸付近まで見に行って空振りしました。
日本海側にしか生えないタチツボ系の海岸型ですね。
丁度このスミレの仲間のように葉が分厚くてテカテカで潮風に強く砂浜でも生きていける。
一見強そうですけど厳しい環境に生える奴は厳しくない環境だと他の植物に負けてしまう奴が多いようです。
寒さに強い虐められっ子が教室の外で「ここなら皆に苛められなくて済む」と頑張っているんですよ。
(/||| ̄▽)/ がんばれーーー

投稿: アライグマ | 2012年4月12日 (木) 20時13分

おはようございます。

フデスミレも満開ですね。
可愛い花ですよねぇ~。

なんだろう、アツバスミレに2色ってのはあるけど真っ白だしね。
シロノジスミレの可能性も低いかな?

投稿: さな・花の庵 | 2012年4月13日 (金) 06時58分

☆さな・花の庵さん☆
フデリンドウまだまだ出ますよ。
もう一箇所が少し遅れて出てくる場所があるが、ここも人が一杯通るところなのだが周囲のこと気にしない人間の顔した異星人達ばかりで助かる。
(^◇^;)
ノジスミレって葉の周囲がヘロヘロなので如何でしょう。
でも、特に名前をつけて無くても海岸型になる遺伝子は皆持っているのかもしれませんね。

投稿: アライグマ | 2012年4月13日 (金) 10時56分

アライグマさん、こんにちは。
葉はテカっているアリアケスミレはありますよ。(^^)
我が家のもテカっているのもテカっていないのもあります。
昨日、田の畦道に咲いていたのもテカっていました。
アリアケスミレでよいと思うのですが、いかがでしょう。

投稿: アザミの歌 | 2012年4月13日 (金) 12時02分

あ、ちょっと花の角度が微妙ですが、スミレ、つまりアツバスミレですね。
白い花を咲かせる型にニイジマスミレという名前が与えられたことがあります。
流通していますので、逃げ出したのかも知れません。

瀬波海岸付近まで見に行って空振り・・・ですか!
あれって、一度、自生環境を覚えると「山勘」で見つけられることがあります。
青森で、想像もしていなかった場所で休んでいた時のことです。
あれ?イソスミレが生えてそうと探したら、ありました。(´ー`)

投稿: NYANです | 2012年4月13日 (金) 13時18分

☆アザミの歌さん☆
この花の潰れっぷりが「スミレ」の顔に見えるんですよ。
有明っぽくないというか。
(^◇^;)

投稿: アライグマ | 2012年4月13日 (金) 15時57分

☆NYANさん☆
やっぱりアツバに見えますか。
園芸品種は売らなきゃいけないので個性を出すためだけに名前をつけますから野草しか見ないσ(-_-;)には困ったチャンです。
瀬波は思いっきり空ぶりました。
(/||| ̄▽)/
スミレに限らず一度図鑑でなく自生地で見ておくと同じような環境に出会ったときに「匂い」がしますね。
((((((((^^;

投稿: アライグマ | 2012年4月13日 (金) 16時01分

NYANさんって、やっぱり スミレの師匠ですね!
HPの素晴らしさには いつも、ほれぼれです。

ところで アライグマさんも瀬波海岸へ出かけられたことがあるのですね。
私も、NYANさんのところで、
海岸に咲いているスミレで驚き、友達誘って、車で向かいました。
遠くから見たら ブルーの花がたくさん咲いていて、走り寄ったら、マメ科の花でした。
その後、あっちこっち、海岸近くの民家の庭まで覗いて歩いたのですが、残念でした・・・

青森は何回も行っていますが、イソスミレは見たことないのです。黄色のスミレはたくさん見ましたが。

いつか、いつか、春、瀬波から 青森に向かって、ザック背負って、キョロキョロ海岸線を歩くのを、私の夢のひとつに入れておきます。

投稿: sea | 2012年4月13日 (金) 19時04分

アライグマさん、再度お邪魔致します。
アツバスミレの白花もあるのですね。
アライグマさんの葉は葉脈がはっきりしているのでアリアケとは少し違和感があったのですが、我が家の絨毯のよう(500株以上)に広がっているアリアケスミレの中にはそのようなのもあったのでてっきりアリアケスミレと思ってしまいました。(^^;)

私も昨日、田の畦で見たスミレはアツバスミレの白花なのでしょうか。
早速訂正してきます。

投稿: アザミの歌 | 2012年4月13日 (金) 20時19分

☆seaさん☆
黄色いスミレというとσ(^_^)の中では山へ行かないと見られないという・・・・・
キバナノコマノツメというスミレの一文字が入らないスミレだけしか見てません。
(^◇^;)

投稿: アライグマ | 2012年4月13日 (金) 20時27分

☆アザミの歌さん☆
σ(^_^)は色々情報を頂いた上で最終的結論は自分で出すもんだと思っています。
だから、アザミの歌さんの所のはアリアケスミレの可能性も否定できないとお考えになって「?」でもつけておけば良いと思いますけど。
σ(^_^)もこれは「?」にしておいてまた行く機会があったら観察しなおしです。

投稿: アライグマ | 2012年4月13日 (金) 20時31分

>> 最終的結論は自分で出すもんだと思っています。

全くその通りですね。
あいやぁ、断定的な言い回しをしてしまったことが悪かったですね。m(_ _)m
趣意としては「ニイジマスミレ」に1票!

ところで、ニイジマスミレは変種の品種で、紆余曲折を経て、一応、怪しい感じを残しながらも標準和名とみなされているようです。
YLISTから学名は、
Viola mandshurica W.Becker var. triangularis (Franch. et Sav.) M.Mizush. f. niijimensis (Nakai) F.Maek. et T.Hashim.

あうう、長いーー。o(ToT)o

投稿: NYANです | 2012年4月13日 (金) 23時02分

☆NYANさん☆
すいません。言葉足らずで。
ネットで質問して答えをそのまま鵜呑みにして
責任転嫁するようなことをしたくないので自分への戒めです。
この間もネットで食べられる植物か聞いて「大丈夫と言われたから食べる。」と言うようなお話を頂いたのでよけい自分に厳しくです。
ヽ(´ー`)ノ

投稿: アライグマ | 2012年4月14日 (土) 00時54分

おはようございます。
また、気温が下がり、冷たい雨になってしまいました・・・
母の家の行き帰りで、
「あぁ~、桜もこれで終わり」と思いました。

黄色のスミレですが、
秋田駒ケ岳で、タカネスミレ、キバナノコマノツメ、
青森の山、山裾で、オオバキスミレ、
谷川岳で、ナエバキスミレ、
を見ました。

投稿: sea | 2012年4月14日 (土) 10時19分

☆seaさん☆
はははっσ(^_^)も記憶回路が切れ掛かっているね。
谷川岳のナエバキスミレはσ(^^;)も見ている。
問題なのはその時期目や耳や鼻などに突撃してくる蚋のような奴の総攻撃を喰らうことなんだな。
何とか撃退していたが一箇所だけ喰らってしまったら
2ヶ月ぐらい痒かったよーーーー(>д<)しくしく

投稿: アライグマ | 2012年4月14日 (土) 10時27分

私など、山登っても、
「この山は初めてです。」と、答えて、下山途中の茶店で、あれっ?ここ昨年来たところ・・・
そうなのです。
コースが違うと、「ここは初めて、来た事ありません」になります(汗)

谷川岳の両耳は、登りやすく景色も奇麗なのですが、
一の倉沢の雰囲気は やはり独特でした。
遭難者のプレートが いくつも目に入るし、花束、お線香まで・・・
そのそばに、スミレが 一株、正しい姿勢で美しく咲いていたのが今でも忘れません。

投稿: sea | 2012年4月14日 (土) 11時45分

☆seaさん☆
本格的に記憶回路と前頭葉が壊れてきているようです。
オオバキスミレはσ(^^;)が初めて黄色いスミレを見た奴です。
σ(^^;)は山登りと言えるようなものは高校時代に神奈川県の丹沢の主脈縦走をしたくらいですかね。
他は車で行ってリフトなどで登って標高差のないところを歩き回るくらいか。
伊吹山の駐車場から山頂までとか、八方尾根のリフトから八方池のコースを山登りと言うなら一杯アチラコチラ登っているけど。
そういえばその当時動いているはずのリフトがトラブルも無いのに1時間以上早く止めていてウサギ平から駐車場まで「山下り」をした事はあるな。
後で絵師さんがメールで抗議したらお詫びが来たらしいけど。駐車場にまだ3台車があったから遭難したりしてたら如何責任取るのかね。
ψ(`∇´)ψ
あの時痛めた膝の痛みは今でも覚えておるぞーーー

投稿: アライグマ | 2012年4月14日 (土) 13時35分

アライグマさんも、忘れることがあって嬉しいです(笑)

丹沢は とても素晴らしい山と思います。
大倉尾根コースの登りは 
学生が 新入生歓迎で、大荷物を1年生に脊負わせ、上級生は軽い荷物で・・・
私たちが すれ違った時に、3年生で、大きな荷物を背負っている男子がいました。

仲間が聞いたら、
「自分が新入生の時に大変だったから、少し持っています」と。

私たち仲間はみんなで
「偉い!君は将来、出世する!」と、太鼓判押して笑顔で見送りましたが、正直、あの バカ尾根の登りは きつ過ぎ、下山でも足痛めてしまうほどですから。

丹沢のゴヨウツツジ(シロヤシロ)の美しさをもう一度見たいのですが・・・

投稿: sea | 2012年4月14日 (土) 16時28分

☆seaさん☆
温暖化のせいか最近の丹沢はヤマビルが多くてTVに取り上げられたこともあります。
鹿や猪の増えすぎで爪の間に食い込んだ状態で運ばれるらしい。
昔はヤマビルといえば千葉県だったが今は丹沢も・・・
(>д<)

投稿: アライグマ | 2012年4月14日 (土) 16時44分

そうでしたぁ!
言われて思い出しました。
最後に行ったのが、2年くらい前で、
その時、仰天するくらいの 良く育った、良く太った、ミミズの親分みたいのがいました・・・

登山口には 「塩」が置いてあった記憶ですが、
ヒルは塩が嫌いなのかな・・・
塩をどうしたか?忘れてしまいました(汗)

投稿: sea | 2012年4月14日 (土) 18時44分

☆seaさん☆
>登山口には 「塩」が置いてあった記憶ですが、
ヒルは塩が嫌いなのかな・・・
蛭に噛み付かれると麻酔のような唾液で気が付きません。
気が付いた時は血だらけ。
で、無理に剥がすと大変なので塩を掛けるとナメクジと同じで・・・・・・・
数年前のTVで見ましたが蛭は樹から落ちてきたり、地面に立ち上がるようにしてジャンプして動物(含む人間)に取り付きます。ニュース記者が登山口から500m位のところで自分の足回りを点検したら既に長靴の中に血が、そして厳重にしてあったはずの服装の腹回りからも・・・・
住宅街にまで広がっているとその時のニュースではやっていました。

投稿: アライグマ | 2012年4月14日 (土) 19時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188747/54454241

この記事へのトラックバック一覧です: アツバ?有明? (・・?) 2012/04/12-2:

« フデリンドウ (*^.^*) 2012/04/12-1 | トップページ | タチイヌノフグリ ヘ(‥ヘ ) 2012/04/13-1 »