« キンラン (* ̄∇ ̄*) 2014/05/04 | トップページ | 下草色々 (* ̄(エ) ̄*) 2014/05/06 »

2014年5月 5日 (月)

ギンラン・ササバギンラン ▽-ω-▽ 2014/05/05

金曜日の観察記録

キンランだけでなく

ギンランや

201405021

201405022

ササバギンランも見られた

201405021_2

しかし、ギンランの小さいこと。

まるでユウシュンランのようだ。

ところで1枚目の画像のバックの5枚葉は何だろう?

昨日から咳が止まらない。
喘息が顔を出したか。
病院は7日までやっていないし。
(_△_;) ぴーーーんち

これでお袋が徘徊でもしたら・・・・今のところ落ち着いているが。

|

« キンラン (* ̄∇ ̄*) 2014/05/04 | トップページ | 下草色々 (* ̄(エ) ̄*) 2014/05/06 »

コメント

5枚葉はウコギの仲間ではないかしら?
普通の風邪用の咳止めでは止まらないのかなぁ?
私は先日、引き潮が終わりかけた時に孫の手をひいて潮干がり。彼は胸近くまで入るし、私も腰まで濡れて砂に手を突っ込むので肩も濡れて・・・あれから2日、時折足がつります。

投稿: のこ | 2014年5月 5日 (月) 17時53分

 ウチの近所ではキンランは見ません(あるトコにはあるらしいです)が、ギンランやササバギンランはあります。今朝も両方見てきました。

投稿: warbler | 2014年5月 5日 (月) 18時18分

☆のこさん☆
喘息になると普通の咳止めでは止まりません。
(_△_;)
取りあえずお袋が以前買ってきた咳止めが家にあったのでそれを飲んでいますが・・・・
後は「ロッ○ののど飴」
そして、即効性は無いけど以前使っていた残りのステロイドの吸引剤を使用しています。
σ(-_-;)が倒れるとお袋の症状が悪化するのは目に見えていますので。
ウコギと言う名前は聞きますけどσ(^^;)は見たことが無い。
以前のこさんをお連れしたフデリンドウ満載の森なんですが。

投稿: アライグマ | 2014年5月 5日 (月) 20時35分

☆warblerさん☆
ササバは30cmくらいあるのですがギンランは全て10cmくらいのものしか見ていません。
▽-ω-▽

投稿: アライグマ | 2014年5月 5日 (月) 20時36分

オカウコギではないかしらん。
たぶん…。

春は気温が上がる割には乾燥もしているので,気管支に負担がかかるかも。
私も一応ステロイドと気管支拡張の吸入薬を常備しています。
そして,基本の,外から家に入ったらうがい,寝る前にうがい…。

介護しながらだと,自分のケアに手を抜いてしまいましょうけど,大事にしてください。

投稿: hal-co | 2014年5月 5日 (月) 21時23分

喘息の咳には「五虎湯」いう漢方エキスが薬局で売ってますが、咳の種類によって「麦門冬湯」「桔梗湯」の方がいい場合もあります。
とりあえず薬局へ行って相談してみるのがいいかも。
医者へ行くまでのつなぎってことで。

投稿: 猫屋敷 | 2014年5月 5日 (月) 21時56分

5枚葉は、ウコギの仲間に一票。こいつは小さいころは地面にはっていて、草のように見えることがありますね。

先のタツナミソウ類もよくわからない感じのものですね。コバノタツナミより葉が大きそうで、トウゴクシソバタツナミに似てるような感じもします。しかし、この仲間はテンナンショウと同じく、わけがわかりません。

先のキンラン、よく開いていて花数が多くすばらしいですね。こいつはすぐに自家受粉するらしくて、そうなると花がしぼんでしまってこのように開くことはありません。どういう条件で自家受粉せずによく開いているのか、よくわからないままです。

キンランは新潟では少なめのランですが、関東側ではよく見ますね。雪がきらいなタイプの植物なのかも。

新潟で一番よく見るのはササバギンラン、ついでギンラン、キンラン。ユウシュンランはごくまれ。これまで3回しか見たことなし。あとクゲヌマランが人工的な植え込みに大発生しているところが1箇所あり、建物の改築で消え去るところでしたが、関係者に保護活動を依頼して2カ所に移植。数年たったのですが、なんとか定着しているようです。ラン菌がついているであろう樹木(シラカシ)ごと移植したのが功を奏したのかもしれません。

こいつはあちこちの県で人工的なところに発生している報告があるようですね。新潟のものもそうですが、国産ではなく外国由来の可能性も捨てきれません。


わたしものどがいがらっぽくて、咳が出ます。こちらではそういう人が周りにも多くて、はやりの風邪のタイプなのか?

投稿: あいらん童 | 2014年5月 6日 (火) 00時25分

毎年、この時期は「キンラン祭り」であるのはわかっているのですが、それは当たり前になってしまっているので食指が動きません。
都内の公共施設や寺社など、蘭は樹木と一緒に移植される例があると思います。
もともとなかった孟宗竹と一緒に来た蘭もあると思っていますが、妄想の域を出ないので・・・。
貧弱な『ギンラン』はあるのだけれど、『ユウシュンラン』はないような。

投稿: ポンチ | 2014年5月 6日 (火) 07時57分

☆hal-coさん☆
ウコギと言う奴の仲間ですか。
オカウコギ・・・・初めて聞く名前ですね。
ここにはこの季節に何度も来ていますが
毎回この植物が多く見られます。
咳のほうは熱も無いので喘息状態に突入したかもしれません。
(_△_;)

投稿: アライグマ | 2014年5月 6日 (火) 09時53分

☆あいらん童さん☆
このタツナミソウは植栽かもしれないと・・・・
この場所は時々エビネとか植えられていますから。
このタツナミソウもタツナミソウ的環境とは思えないところに1m四方に固まって咲いています。
周りには広がらずにここだけです。

投稿: アライグマ | 2014年5月 6日 (火) 10時05分

☆ポンチさん☆
ユウシュンランは栃木のほうでかなりの数を見ていますが当時はギンランだと思っていましたからねーー
▽-ω-▽

投稿: アライグマ | 2014年5月 6日 (火) 10時06分

☆猫屋敷さん☆
昨晩は1時間ごとに咳で目が覚めました。
深く呼吸すると奥でゴロゴロいうような状態でした。
でも、朝目が覚めると咳もだいぶ収まっていて家にある市販薬で明日まで頑張れそうです。
お気遣いありがとうございます。
(  ̄‥ ̄)

投稿: アライグマ | 2014年5月 6日 (火) 10時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188747/59587803

この記事へのトラックバック一覧です: ギンラン・ササバギンラン ▽-ω-▽ 2014/05/05:

« キンラン (* ̄∇ ̄*) 2014/05/04 | トップページ | 下草色々 (* ̄(エ) ̄*) 2014/05/06 »