« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月30日 (土)

明日から冬 ヽ(´ー`)ノ 2019/11/30

カレンダー上では明日から冬だ。
ってもうとっくに真冬状態だけど。
σ(-_-;)の秋を返せ~~~~~

ゲンノショウコはフウロソウの仲間なので花としては大変美しい。
そして、実を飛ばした後は祭りの神輿のような形になるので・・
かわゆい。
201911202_20191130193601

201911201_20191130193601

スズメウリがまだ実をつけている。
201911201_20191130194001

201911202_20191130194001
写真は撮らなかったが、この後葉が枯れ落ちると弦が実の花茎のように細くなってきて糸のようになる。
σ(^^;)はこの時期スズメウリを見つけるのにこの糸のような奴を探す。
カラスウリの弦は糸のような所まで細くはならないので藪にこの糸状の弦を見つけると周りの何処かにスズメウリが見つかる。

今年はfieldでスズメウリの枯れてカラカラになった奴を見つけたので種を採取してプランターに播いてみた。
果たして発芽するか楽しみだ。

| | コメント (0)

2019年11月29日 (金)

さぶっ (ーー;) 2019/11/29

アカバナがまだ種を蒔いていた。
20191120_20191129185501
この先割れの糸を引いたような状態が好きなのだ。
毎年数十株のアカバナが見られるはずが今年は台風のせいなのかは良く判らんがこの一株しか目に入らなかった。

ヤブマメの黄葉
20191120_20191129190101

咲き残った吾亦紅
周りは草紅葉が始まっている。
20191120_20191129190201

ヨゴレネコノメの冬入り前
201911131_20191129190301

いやーーっ、今日も寒かった。
お袋を車椅子に乗せて病院を2つ

フリースのベストと防寒用のジャンパーを着せてフリースのひざ掛けで膝を覆って出発。
ひざ掛けの中に入っていたはずなのに手は真冬のシモヤケが出来そうな冷たさ。
1つ目が終わって時間が有ったので喫茶店でロイヤルミルクティなど飲ませて見ると普段飲まないお袋が一生懸命飲んでいた。
寒かったんだろうね。

*o_ _)oバタッ

| | コメント (0)

2019年11月28日 (木)

初冬か?の赤 (゜_゜;) 2019/11/28

この寒い中、名前がハダカホオズキだ。
寒すぎる~~~~(*_ _)人 合掌

201911201_20191128200201

201911202_20191128200201

マムシグサ系
201911201_20191128200202
毎年この赤は目立つ。

ヤブコウジ(通称十両)
201911202_20191128200501

201911201_20191128200501
この時期はどうしてもカメラを向けてしまうな~~

しかし、今日は寒すぎる初冬と書いたが冬真っ盛りのようだ。
雪でも降ってくるような寒さ。

| | コメント (0)

2019年11月27日 (水)

イソヒヨドリ (^o^)/ 2019/11/27

今日も今日とて寒かった。*o_ _)oバタッ

出掛けるために駐輪場に降りていくと・・・・・

201911274
駐輪中の自転車の一つにいつもと違う色が・・・・
何処かで見覚えのある色合い。

201911271
青いスーツに赤いシャツ

201911272
おやまー鷹取川の岸辺でお会いしてから早数年。

201911273
イソヒヨドリさんでした。

何でわが家へ現れた?
急に寒くなって餌を探してアチラコチラ探検かな?
しかし、何も知らないおばちゃんが3m位の近距離を通ってもあまり気にしていなかったようだ。
おかげでピンボケながらも何とか写真を残せた。

(^o^)/ ラッキー

| | コメント (10)

2019年11月26日 (火)

今シーズンも (* ̄∇ ̄*) 2019/11/26

今シーズンも花を見る事が出来ず・・・・
クロヤツシロラン(花後に伸びる種遠くへ飛ばし装置)
201911201_20191126185001
既に飛び立った後。

今シーズンもやってきた
オオバン(昨日のスズキの下流に)
20191116_20191126185001

今シーズンも・・・・と言うよりこの株一年中咲いているような
樒(しきみ)
201911171_20191126185001

201911172_20191126185001

う~~~ん、今は実を煎じて飲ませて見たい人間はいないな~~~
(昔は居た)

今日は本当に寒かったね。
今日はお袋が朝早くから目を覚ましたのでトイレに連れて行ったあと隣で寝てやったが・・・
何だかドット疲れが・・・・

(o_ _)o ~~~

| | コメント (2)

2019年11月25日 (月)

トキリマメも色づく  \^∇^/ 2019/11/25

全て終わっていそうなfieldだがしぶとい奴はまだ営業している。
201911201_20191125194201
う~~~ん、良きかな良きかな。

201911202_20191125194201

この派手な色も秋の寂しさを支える滅びの美学。

201911203_20191125194201

ちなみに野茨も良い色を出していた。
20191120_20191125194801

今日のお袋は・・・・・

話しかけても殆ど反応がない。・・・・

ハッと気が付いた。
前回出してから5日目だ。
お腹が痛いのが言えなくなって来たのかも。

危ない所だった。

| | コメント (0)

2019年11月24日 (日)

ヘクソカズラとスズキ (-◎_◎-) 2019/11/24

うちの近所には鷹取川と言う名の50年前にはメタンガスの湧くヘドロのドブ川だった川がある。
そのドブ川沿いに市営住宅があるが柵に絡んだヘクソカズラの実が見事だった。

201911142

201911141

何時もながら切ない名前のヘクソカズラ ▼-ω-▼

そしてその川を覗き込んだらデカい魚(50cmくらい)が
またボラがいると思ったら真ん中の一匹が体を横にして
20191116_20191124202001
魚影がキラリ
おやま~~~良く見るとボラは成長するとトドと呼ばれることもあるずんぐりとした体
この魚は上から見ると細身でシャープな・・・
え~~~~~、この魚影はスズキじゃないか。

スズキは川の水でも大丈夫なようで・・・・
この元ドブ川はボラ・クサフグ・ミシシッピーアカミミガメに続いてスズキまで生息している事が判明。
ちなみに清流にしか住まないというカワセミも住んでいる。
まー川底にトタン板が沈んでいるしその上をスズキが泳いでいるので・・・・
「なんだかな~~~~」な気分

| | コメント (0)

2019年11月23日 (土)

サルトリイバラ (-◎_◎-) 2019/11/23

サルトリイバラの実の色が色濃くなってきた。
201911201_20191123185301

201911203_20191123185301

201911202_20191123185301

201911204_20191123185301

サルトリイバラは雌雄異株。
また近所では雄株が多くなかなか雌株に出会わない。
この場所は数年前に見つけた毎年確実に赤い実の見れる場所。

明日時間が取れれば、もう一カ所も確認してこようかね。
▼-ω-▼

| | コメント (0)

2019年11月22日 (金)

まだ見られる野草の花 (∩_∩) 2019/11/22

fieldを歩くとまだまだ終わらない
ダイコンソウの花が見られる。
201911202_20191122212601

201911201_20191122212601

誰も観察してくれない
チヂミザサの花
201911172

切り取ると
201911171

ツワブキ
20191106_20191122213001

トネアザミ(別名:タイアザミ)
20191120_20191122213001
頑張るね~~~~~(シブトイともいう)

秋の七草の
フジバカマ
201911061_20191122213301
このピンクの白っぽい所が花。
ヒヨドリバナの仲間なので花の見た目は殆ど区別がつきにくい。
同じ仲間ではヨツバヒヨドリ・サワヒヨドリなどがある。
何でヒヨドリなのか調べて見たらヒヨドリの鳴く頃に咲くとあった。
そう言えばこの所ヒヨドリが目立つ。

| | コメント (0)

2019年11月21日 (木)

リンドウ (* ̄∇ ̄*) 2019/11/21

鎌倉のお寺にはリンドウを植えてある所が多いが・・これは天然物?となっています。
横浜にある公園ですが遊歩道から周りに人のいないことを確認してチョコっと脇に入ると咲いています。

201911201_20191121175601

201911202

201911203

201911205

201911204

今日はデイサービスを明日と入れ替えて病院へ。
しかし出掛ける前になって胸の辺りが痛いと言い出す。
流石に放っておける場所ではないので皮膚科の受付をするときに看護師に話すとすぐに内科に回されて心臓関連の検査をすることに。
しか~~し、すでに痛みのピークは去り心筋梗塞でもない限りデータは取れない。
先日撮ったCT画像や過去のレントゲン今回撮ったレントゲンとチェックして貰い結論は出ず。
症状は去ってしまったので経過観察に。
まー医者泣かせの状況だった。
というか痛みが薄らいできたときにσ(^^;)も結果は見えていたのだが・・・

流石に91歳だし重度の認知症だし、これからもあるんだろうな~~

*o_ _)oバタッ

| | コメント (4)

2019年11月20日 (水)

晩秋 紅葉始まり ヽ(´ー`)ノ 2019/11/20

河津桜の色付き
20191116

病院に絡んだキヅタの紅葉
20191118

緑地の地面に小さな紅葉
20191120

ヤマノイモの黄葉
201911201

秋はいつの間にか足元に忍び寄っていた。

一寸遅れ気味だったが何が有っても季節は遷ろう。
今年もあと40日ぐらいで終わってしまう。

クロヤツシロランの花跡
201911201_20191120201001
結局今年も花を見られずに終わった。

来年は見つかるか。
小さすぎるんだよな~~~~

| | コメント (0)

2019年11月19日 (火)

晩秋の樹の実 (^o^)/ 2019/11/19

ある公園のオリーブの樹にたっぷりと実がついている。
201911111_20191119200301
201911112

ノブドウ
ここまで色が濃いとチョット引く(キャバレーのおねーちゃんか)
201911062_20191119200301
201911061_20191119200301

ムベの実
20191106_20191119200501

そろそろ観察する植物が少なくなって来たな。
猫でも観察に行くか。

=ΦωΦ=

| | コメント (0)

2019年11月18日 (月)

晩秋の白 ▽-ω-▽ 2019/11/18

樹林下の白いキノコ
(どうせ毒キノコなんだろう)キツネの気持ち
20191113

川岸で輝くススキ
20191114_20191118181101

まだ咲き残るシロバナサクラタデ
201911061_20191118181101

民家の生け垣のヒイラギ
(こいつデカい奴は葉の棘が無くなるようだ)
201911091
201911092

十月桜
(数年前この樹の近くでスズメバチに・・・なつかれた)
20191106

段々秋が深まってきたと言いたいが今年は夏が終わった途端・・・
あっと言う間に晩秋に

俺の秋の物悲しさを返せ~~~~~ψ(`∇´)ψ

| | コメント (0)

2019年11月17日 (日)

樹海 (@o@; 2019/11/17

自宅近くに樹海が
201911131_20191117191101

201911132_20191117191101

201911133_20191117191101

・・・

それともジャングルかね。
樹林下の苔

(´o`)ハア~~

個人的な見解だけど鎌倉のお寺って苔の使い方・手入れが今一つ。

京都のお寺の方が苔が生き生きしていた。

この画像は横浜市金沢区の公園の中。

オマケはニャンコ
New201910231

New2019102312

黒猫を見ると如何しても「ジジ」と呼んでしまう。
▼-ω-▼

| | コメント (2)

2019年11月16日 (土)

肺ペスト (/||| ̄▽)/  2019/11/16-2

ネットのニュースに中国で肺ペスト患者が出たと出ている。

TVのニュースにはなぜこんな重大なニュースが出ないのだろう。

肺ペストは最悪の伝染病の一つで潜伏期1~2日発症後数日で死亡すると言われる。
ペストの中でも空気感染する強い伝染性がある。

感染者が飛行機にでも乗ったらあっと言う間に世界中でパンデミック。

昔からエボラなどと同様、細菌兵器として研究されているのではと噂が

| | コメント (2)

イヌタデ色づき ▼-ω-▼ 20199/11/16

10月23日のイヌタデ

201910232_20191116195601

20191024_20191116195601

201910231_20191116195601

11月1日2日のイヌタデ
2019112

2019111
2週間ほどで葉が色づき始めた。

10月23日ごろは未だサラシナショウマが咲いていた。
20191023_20191116200501

201910241_20191116200501

今年はサラシナショウマも開花時期が遅め

いよいよ周りの花達も冬中花を付けている蒲公英など以外が消え始めてきた。

(゜_゜;)

お袋の抵抗力が落ちて来たか皮膚が弱くなっている。
朝起きると上腕を掻いている。
赤くなって爪の跡も残っているから痒いのだろう。
一度掻きだすと中々良くはならず痒さを堪えるのは正常な人間でも大変な状態だ。
痒い→掻く→傷が出来る→さらに痒くなる→の負のサイクルに陥りやすい。
親父の時は全身に痒み止めのクリームを塗っていたがそれでも引っ掻き傷が絶えなかった。
来週皮膚科の予約をしているが・・・・

 

| | コメント (0)

2019年11月15日 (金)

オオハナワラビ? (ーー;) 2019/11/15

σ(^^;)にはフユノハナワラビとオオハナワラビの判別は出来ません。
葉の先が尖っているのでオオハナワラビでは無いかと思います。

201911131

201911132
食えそうな気がしてきた。プチプチ食感?

201911133
大森林状態。

201911134
黄色と茶色

今日は風が冷たかった。
お袋を車椅子で連れて行ったが寒いのに脇の下に汗。

| | コメント (4)

2019年11月14日 (木)

晩秋の赤 ▽-ω-▽ 2019/11/14

サネカズラ(別名:美男カズラ)

お寺で
201911062_20191114212101

201911061_20191114212101

天然物
201911111

柿の実
201910211

201910212

今年は何処も柿が豊作だ。

渋柿によく野鳥が止まって食べているのを見かけるが・・・
鳥は渋みとかが判らないというのは本当だろうか?

ブルーベリーの紅葉(畑)
20191114

今日はお袋が寝付かないので車椅子で駅前まで約1kmを往復
気分転換と飲ませた薬が効いてくるまでの時間つぶし。
(-ω-)ふふふ… 帰ってくる頃には眠くなってくれた。

| | コメント (0)

2019年11月13日 (水)

晩秋の紫3 ヽ(´ー`)ノ 2019/11/13

ナンテンハギ

201911061_20191113184901
北鎌倉の土手

201911062_20191113184901

201911063_20191113184901

別名:フタバハギ(双葉萩)
見ての通り二つの葉が必ずツインで出ている。

この土手はかなりの期間咲いている事が多いな。

fieldではシジュウカラなど小さな鳥たちが群生を作り始めている。
寒くなってくると種類の違う小鳥たちが一つの群生を作って冬を越しているのは良く見かける。
ヽ(´ー`)ノ 頑張れよ。

| | コメント (4)

2019年11月12日 (火)

晩秋の紫2 ヽ(´ー`)ノ 2019/11/12

トリカブト
201910302_20191112184801
美しい~~~

201910303_20191112184801

201910301_20191112184801

「毒草の誘惑」という本があるが(近所の図書館にもあったな)
トリカブトは本当に誘惑されそうだ

このところお袋が動かすときに腰が痛いという事が多くなった。
その癖立ち上がるが・・・
もしかしたら11月4日に尻もちをついて転んだのが影響しているかもしれない。

| | コメント (2)

2019年11月11日 (月)

晩秋の紫1 ヽ(´ー`)ノ 2019/11/11

カントウヨメナ
201910091_20191111180801

20191023_20191111180901

ヤマハッカ
20191024_20191111181001

ムラサキシキブ系
201910302_20191111181101

201910301_20191111181101

トキワツユクサのピンク系 変な奴
20191020

季節の変わり目かお袋のボンヤリ度が急増
顔から表情が消えてきている。
(まー認知症が進んだのかな~~~)

| | コメント (2)

2019年11月10日 (日)

お茶の花 (∩_∩) 2019/11/10

この時期お茶の花が彼方此方で咲いている。

201911061_20191110200901

20191030_20191110200901

20191030_20191110200902
ヒラタアブが花粉を食べに来ている。

お茶の花が椿の仲間だと知らない人たちが結構多い。
多分花盛りでも「白くて小さな椿」としか認識していないであろう。

鎌倉のお寺には結構多いし里山的なところには2m×3m位の大株も見かけることがある。
ただ、欠点が一ついや二つか。
1つは椿の仲間なので茶毒蛾が付くことがある。
2つ目はスズメバチも寄って来るって事か。
何年か前に里山で大株のお茶の樹を見つけて近寄っていく途中で花に飛び交っている無数のスズメバチを見つけた。
気が付くのが遅かったら新聞沙汰だったかも・・・・
多分100匹はいたと思う。

(@o@; 時々イベントでスズメバチに襲われたという話題が出るがスズメバチの生活圏に踏み込むなら下調べは必要だな。
間違いなく威嚇されるけど威嚇された事に気が付かない人にはスズメバチから罰を与えられちゃうからね。

そういえば今年はスズメバチの写真を撮らなかった・・・

| | コメント (0)

2019年11月 9日 (土)

リンドウの季節 ▼-ω-▼ 2019/11/09-2

地元はただいまリンドウの季節です。

彼方此方のお寺で客寄せではありますがリンドウが咲き誇っています。

201911063_20191109192901

201911064

201911062_20191109192901

201911061_20191109192901

201911062_20191109193001

201911061_20191109193001

201911063_20191109193001

一応、鎌倉市のお花はリンドウだったと思います。

昨日、お袋を乗せた車椅子を押し彼方此方へ出かけたのが悪かったのか今朝から腰が痛い。
かかりつけの整骨院の治療を受けたのだが一押しした途端に「かてぇ~~~~」の声が・・・
*o_ _)oバタッ

| | コメント (0)

ダーウィンが来た ψ(`∇´)ψ 2019/11/09-1

明日11月10日(日)19:30~のNHK「ダーウィンが来た」はオオコウモリさん撮影協力のアブラコウモリがたっぷり見られるらしい。

ψ(`∇´)ψ

| | コメント (10)

2019年11月 8日 (金)

晩秋の昆虫2 (゜_゜;) 2019/11/08

テングチョウ
駐車場の砂利に降り積もった枯れ葉の中に
いることが判っているなら見えるけど・・・
201911062_20191108173801

アップで
201911061_20191108173801
春に見るときは模様の意味が解らなかったがこの時期だと・・・

20191023_20191108174101
横からよく見ると見事に天狗だね。

ヤマハッカとホウジャク
ホウジャクの仲間を始めて画像に撮った。
201910241_20191108174201

201910242_20191108174201

ムラサキツバメ
201911061_20191108174401

201911062_20191108174601
これからムラサキツバメはマテバシイの葉に隠れて越冬するのか。

ちなみにそっくりさんのムラサキシジミには後ろの翅に尻尾が無い。

季節の変わり目でお袋は殆ど会話が通じない。
σ(-_-;)の言葉を聞いて反応するが飛んでもなく明後日の会話内容になっているしその会話自体が何を言っているのか判らん。

そして時々レビー小体型認知症の特徴の一つの机や椅子をトントントントントントンと叩いて何か主張する症状が出てきている。
親父が入所していた老人ホームにも精神科病棟にも一日机を叩いている人が居たな~~~~

| | コメント (2)

2019年11月 7日 (木)

晩秋の昆虫1 (゜_゜;) 2019/11/07

さて、冬を乗り切れるのか昆虫たち

〇〇イトトンボ
201911061_20191107191101
ピントを頭の方に
口に違和感があるのは何か捕まえてお食事中らしい。

201911062_20191107191101
尻尾の方にピントを合わせると漆塗りみたいな重厚さが・・・

地面に止まったウラナミシジミ
201910231_20191107191501

近寄って・・・・
201910232_20191107191501
σ(^^;)も子供の頃には記憶が無いけど普通に居る蝶だ

冬越しを卵や蛹で過ごすものや成虫越冬する者もいる昆虫たち。

| | コメント (0)

2019年11月 6日 (水)

ノササゲ ψ(`∇´)ψ 2019/11/06

やっとノササゲが色づいてきた。

カメラで撮ると本物より綺麗に撮れる。

201911061

201911062

201911063

毎年ノササゲの実を観察する場所だが・・・・
今年は台風の影響か少なかった。
もう一カ所観察場所があったのだが土砂崩れの影響で・・・

ψ(`∇´)ψ アチャ~~~~

千葉のあまりの惨状で目立たないが近所の自然の多い場所は殆ど土砂崩れが見られる。
幸い人の住居がやられている事は無かったが千葉の惨状が無ければ結構話題になっていたかもしれない。

| | コメント (0)

2019年11月 5日 (火)

ヤクシソウ ヽ(´ー`)ノ 2019/11/05

神奈川県南部のこちらでも、そろそろヤクシソウがシーズンだ。

201910301_20191105185201

201910303

201910302_20191105185201

ヤクシソウはこのシーズン崖から黄色い簾(すだれ)のように垂れ下がる。

舌状花の花弁はタンポポのように5枚の花弁が一つに重なる形で
201910304
筒状花はあまり目立たない。
飛び出している蕊の形はアザミと同じような形をしているように見えるので触ると花粉が押し出されてくるタイプかな?

お袋は取り合えず転倒の影響は見られない。
しかし、σ(^^;)の顔に反応しない状態は目立つ。
エレベーターの鏡に映った自分に手を振って「またね」とか言っているが。

| | コメント (0)

2019年11月 4日 (月)

今年のタコノアシ (ーー;) 2019/11/04

今年はタコノアシも台風の影響か紅葉せずに黒化している。

201910093_20191104180501

201910091_20191104180501

201910092_20191104180501

辛うじて紅葉までいかないが赤茶けたくらいで済んでいる奴が若干あるくらいだ。

彼方此方に大木と言って良いレベルの樹木が根から倒れている。

この公園のなかの教育用の水田の畔を塞ぐように

201910232_20191104180901

201910233_20191104180901

201910231_20191104180901

ヌルデが倒れいている。

葉の軸に翼があるので多分ヌルデ

これだけアチラコチラに倒木や土砂崩れがあると予算や人手の事もあり復旧のトリアージは仕方ないのだろう。

先ほど5時ごろかお袋が足を滑らせて後ろ重心で尻もちをついて転んだ。

取り合えず骨折を疑うような様子も無いのでベッドで寝かせる。

明日の朝の様子で病院だが骨折でも手術もできる体力じゃなし・・・・

まー大事にならないことを祈ろう。
オイ、神様、たまには人の願いも聞き入れろ。(ーー;)

| | コメント (2)

2019年11月 3日 (日)

ヤシの樹 (ーー;) 2019/11/03

お袋の病院の一角にヤシの樹があった。

Mini201911011

Mini201911012

全高が鉢も入れて50cm位だが立派にヤシの樹だ。

(ーー;)すげ~~~~~

 

| | コメント (4)

2019年11月 2日 (土)

秋終盤 ▼-ω-▼ 2019/11/02

アオツヅラフジ

20191023

ツルニンジン残り花
20191009_20191102185101

タマアジサイ残り花
20191030

カラスウリ
20191023_20191102185101

ミズヒキとハナタデとイノコヅチ
20191009_20191102185102

キツネノマゴ(残り花のはずなのだが盛りとも・・・)
20191024

おまけ:今年もシブトイ・・・セッコク
201910302

201910301_20191102185601

お袋はお尻の褥瘡が少し良くなったら足の踵が・・・
彼方を立てれば此方が立たず・・・
ちょっと使用法を間違えている。
モグラ叩き・・・こっちの方がしっくり

(´o`)ハア~~

| | コメント (0)

2019年11月 1日 (金)

ホトトギス ▽-ω-▽ 2019/11/01

ホトトギス・・・・鳥じゃないよ

日本のホトトギス

201910241_20191101191901

201910301

201910244

201910242_20191101191901

201910243_20191101191901

日本のホトトギスは分枝しないようだ。

各葉腋から一つ花を付ける。

タイワンのホトトギスは茎の先端に花茎が出来て花茎は分枝しまくり。

σ(^^;)の地元には日本と台湾の合併作が彼方此方で見られる。

今日のお袋の褥瘡は一皮ガードが付いた感じで消毒してもお袋は痛がらない。

(´o`)ハア~~ このまま直ってくれるとありがたいのだが。

楽観は出来んな~~~~~(ーー;)

| | コメント (0)

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »